東京・日本交通株式会社の求人・採用サイト | タクシー求人なら東京・日本交通

「前職より給料が上がりました。周りからは驚かれます。(笑)」(Eさん・難波)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京・日本交通4営業所の中で最も乗務員の数が多い難波営業所。立ち上げ当初は0名からスタートし、今では約100名規模となる非常に勢いのある営業所だ。その中の若手エースの1人、Eさん。未経験で入社後、めきめきと頭角を現して、今ではハイグレード乗務員として様々な予約の仕事に引っ張りだこだ。今回は、タクシー乗務員としての仕事とハイグレード乗務員として仕事、二つの仕事の魅力を教えてくれた。

■正規雇用で「観光」に携われるシゴト
元々は携帯ショップで働いていたんですが、そこを退職して語学留学に行ったんですよ。英語を話せるようになりたいという、軽い気持ちだったんですが、予想以上にハマってしまって。帰国して、英語を活かせる観光業界で仕事を探していました。でも、なかなか正規雇用で募集している会社ってないんですよね。そんな中、求人誌でたまたまうちの求人を見つけたんです。立ち上げのタイミングだし、英語を使う仕事以外にも色々チャレンジできそうでした。それに正社員での採用だったので、すぐに応募しました。

■入社後はまず「慣れる」ことが仕事
まずは地理や基本的なサービスを覚えなければ仕事になりませんので、一般のタクシー乗務員からスタートします。街を車で流しながら手の挙がるお客様をお乗せする、いわゆる「流し」の営業スタイルです。働き方は、隔日勤務という「2日に1回休み」の、とても魅力的な働き方でした。が、最初は慣れるまで大変でした。自分なりに1日の時間の使い方を考えて休憩を取るタイミングなどを決めていきました。タクシー乗務員は、一日のスケジュールを自由に組めるので、自分のペースで体のリズムを整えながら仕事を覚えることに集中できましたね。

■小さな「ありがとう」とチップ
タクシーの仕事をしていて一番印象的だったのは、外国人のご家族をお乗せした時のこと。お客様がオーダーされる色々な場所にお連れしました。英語でご案内できたおかげか、とても喜んでいただけて、最後には小さな「ありがとう」と書かれた手紙と、そのお客様の母国通貨でチップをいただきました。嬉しくて換金するのがもったいなくて、そのままの状態で今でも大事に保管しています。こんな「ありがとう」を今後もどんどん増やしていけたらと思います。

■入社後一年足らずでハイグレード乗務員へ
今も変わらない目標ですが、僕は将来観光タクシーのドライバーになりたいんです。そのためのステップとして、まずはハイグレード乗務員になることが必須条件となります。確か入社して一年経たないぐらいのタイミングで、社内の専門講師からハイグレード乗務員になるための特別研修を受けました。ドアサービスや、ハイグレード乗務員としての心得、細かな言葉遣い等を教えていただきました。その後も、現役のハイグレード乗務員の先輩に付きっきりでサービスを教えていただいたので、自分のサービスにも磨きがかかり、自信がつきましたね。

■どんどん上がっていく給料
研修を受けた後は、徐々に予約のお客様の仕事を請けていきます。VIPのお客様のご対応になりますので、自分の知らなかった世界を垣間見ることができました。具体的にはお話できませんが、自分の見識が広がったことは確かですね。そして何より嬉しいのは、入社時から収入がどんどんUPしていること。東京・日本交通に入社してから結婚したのですが、転職して妻も喜んでくれています。ミスはできない仕事ですし、プレッシャーもありますが、仕事のやりがいと対価は大きいと思っています。ちなみに、周りの友人は介護、建築、ブライダルと様々な業界の仕事に就いていますが、収入の話になると、必ずと言って良いほど驚かれます。タクシーって給料が安いイメージが強いみたいですね。。友人には、「厳しいけれど夢のある仕事だ」と、いつも話をしていますよ。

■将来は「観光」に携わりたい
やっぱり観光タクシードライバーになりたいですね。この目標のために新たな勉強も始めました。英語を話せるだけでは務まりませんので、「大阪」の知識を身につけるために、「なにわなんでも大阪検定」を受けました。もちろん、これは僕だけではなくて、営業所全体の取り組みとして進めています。会社も後押ししてくれるのはとても良い環境だと思います。将来は、お客様のどんな要望にも答えられる知識、コミュニケーション能力、言語力を身につけた観光タクシードライバーになりたいです。後輩の乗務員に何か教える前に、まずは自分の能力を高めていきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加